読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

【Kindleオーナーライブラリ今月の一冊:2016年12月】こうすれば必ず人は動く

読書

f:id:kay72234:20161225065952j:plain

■はじめに

Amazonの有料会員、すなわちプライム会員になると、いろいろな特典があります。その中の一つ「Kindleオーナーライブラリ」は、毎月1冊、AmazonのKindle電子書籍を無料で読むことができるサービスです。全ての電子書籍が対象ではなく、一部のものに限られますが、プライム会員なら有効に利用したい特典です。

筆者も、プライム会員に登録してから、毎月欠かさず1冊づつ新しい本を読んでいます。ちなみに、先月分として選んだのはこちらの「伝わっているか?」でした。

コミュニケーションスキルの啓発書の一種に分類して良いと思うのですが、ライトな感じで気軽に読むことができる良書でした。


■こうすれば必ず人は動く

さて、今月12月の1冊に選んだのは、デール・カーネギーの著作「こうすれば必ず人は動く」です。

こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く


Kindleオーナーライブラリの対象書籍の中では、常に評価の高い1冊です。先月に引き続き、コミュニケーションスキルの啓発書ですが、「伝わっているか?」よりも少し重ための内容のような印象です。まずは、Amazonの商品説明欄の内容を引用してみたいと思います。

全世界で1500万部超の“How to win friends & influence people”(邦題:『人を動かす』)の著者、デール・カーネギーが企画・出演した伝説のラジオ講座の書籍版が文庫サイズになってついに登場!

本書で最も特長があり、読者をしてヤル気をかき立たせるのは、D・カーネギーの生の声を、紙上で再現したことである。圧巻なのは、各章で展開される『現場再現シーン』だ。 D・カーネギーは同名の書籍原著を出版したのち、この講座を企画したわけだが、ここには原著で特に言いたかったことのすべてが、みごとに集約され、かつ原著で簡単に触れた箇所で重要なところは、より深く、しかもより具体的に突っ込んで解明されている。
――訳者まえがきより

人の心を開かせて成功する真の説得力。その力を手に入れるためのテクニックを、一般人からの相談に答える形でカーネギーが紹介してくれる。


Amazonのカスタマーレビューを見ても、非常に高い評価が付けられていますね。


■会話を交えた実例で頭に入りやすい

本書では一貫して、人を動かすための方法論を、会話を交えた実例を交えながら示しています。かなりのボリュームのある1冊なのですが、章ごとにポイントが絞られていることと、実例を使って説明されていることから、とても読みやすい内容になっています。

さすがにアメリカ人・アメリカ社会っぽいと感じるシチュエーションも多いのですが、そういった日本の文化との違いを意識しながら読むのも面白いかもしれません。

筆者の場合、啓蒙書や啓発書は、あまり気合いを入れて読むと最後まで続きません。軽い気持ちで読み流して、自分にとって役立ちそうな箇所を取り込めればいいか、というぐらいの感覚なのですが、本書も、そういった読み方がちょうど良かったです。


■さいごに

これまでにKindleオーナーライブラリを使って読んだ電子書籍に比べると、かなりボリュームのある内容でした。Kindleオーナーライブラリは、対象の書籍がイマイチだという評判も多いようですが、本書のような良書もあります。ネットでは、Kindleオーナーライブラリの中のおすすめを紹介しているサイトもそれなりにありますので、まだまだ活用できそうです。1月になれば、別の書籍に替えることができるので、また何を読もうかと探すのも楽しみです。


スポンサーリンク