読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

国民的家庭用ゲーム機ファミコンに関するニュース集(2016年秋編)

f:id:kay72234:20160925185119j:plain

■はじめに

今年2016年は、スマホアプリの「ポケモンGO」が世界各国で配信され、日本国内でもちょっとした社会現象を引き起こしました。そして今からさかのぼること33年の1983年に、例のアレが登場しました。そう、国民的家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ、略してファミコンです。

さすがは国民的家庭用ゲーム機、発売から33年も経過していますが、今もなお関連するニュースが発表されています。今回は、そんなファミコンに関するニュースを集めてみました。ファミコン世代の方もそうでない方も、どうぞご覧ください。


■米国任天堂が小型ファミコンの発売を発表

http://s.news.mynavi.jp/news/2016/07/15/037/index.html

7月14日に米国で発表されたニュースです。Nintendo of America(米国の任天堂)が、小型のNESを発売することを発表しました。

f:id:kay72234:20160926071155j:plain


NESとは「Nintendo Entertainment System」の略で、海外版のファミコンです。今般発売される小型NESは「NES Classic Edition」と呼ばれています。米国での発売日は11月11日、価格は59.99ドルの予定です。

この小型NESはHDMI出力端子を備えていること、30本のゲームが内蔵されていることが明らかにされています。一方で、NESカセット用のスロットや外部メモリには対応しておらず、インターネット接続機能もないため、ゲームを追加する手段はないようです。内蔵の30本以外のゲームをプレイすることはできないということですね。

気になる30本のラインアップも公開されていますので、紹介しておきます。

・Balloon Fight(バルーンファイト)
・BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)
・Castlevania(悪魔城ドラキュラ)
・Castlevania II: Simon's Quest(ドラキュラII 呪いの封印)
・Donkey Kong(ドンキーコング)
・Donkey Kong Jr. (ドンキーコングJR.)
・DOUBLE DRAGON II: THE REVENGE(ダブルドラゴンII ザ・リベンジ)
・Dr. Mario(ドクターマリオ)
・Excitebike(エキサイトバイク)
・FINAL FANTASY(ファイナルファンタジー)

・Galaga(ギャラガ)
・GHOSTS'N GOBLINS(魔界村)
・GRADIUS(グラディウス)
・Ice Climber(アイスクライマー)
・Kid Icarus(光神話 パルテナの鏡)
・Kirby's Adventure(星のカービィ 夢の泉の物語)
・Mario Bros. (マリオブラザーズ)
・MEGA MAN 2(ロックマン2)
・Metroid(メトロイド)
・NINJA GAIDEN(忍者龍剣伝)

・PAC-MAN(パックマン)
・Punch-Out!! Featuring Mr. Dream(パンチアウト!!)
・StarTropics(日本未発売)
・SUPER C(スーパー魂斗羅)
・Super Mario Bros.(スーパーマリオブラザーズ)
・Super Mario Bros. 2(スーパーマリオUSA)
・Super Mario Bros. 3(スーパーマリオブラザーズ3)
・TECMO BOWL(テクモボウル)
・The Legend of Zelda(ゼルダの伝説)
・Zelda II: The Adventure of Link(リンクの冒険)


なお、日本での発売については、残念ながら未発表のようです。


■ファミコンソフトの新作が発売

なんと2016年になった今、ファミコン用の新作、ジャンピングアクションゲーム「キラキラスターナイトDX」が発売されるということです。発売日は10月6日予定、価格は5378円。

主人公の「キララちゃん」を操作して、夜空から降ってくる無数の星を集めていくことが目的のゲームで、8bitのファミコンの性能を極限まで引き出した作品です。そして、Amazonで予約を受付中です。

(FC/FC互換機用)キラキラスターナイト DX

(FC/FC互換機用)キラキラスターナイト DX

もちろん、プレイするには…ファミコン本体、もしくはファミコン互換機が必要です。あしからず。


■ファミコン通信創刊号の復刻版

ファミコンの黎明期に創刊されたファミコン雑誌の中で、唯一今も生き残っているのが「ファミコン通信」です。そのファミコン通信、1984年6月6日発売された創刊号の復刻版がPODで発売されるといいます。

ちなみにPODとは PODとは「Print On Demand」の略で、書籍を電子データ化し、注文に応じて、書籍化する形態のことです。 発売日は10月3日、価格は999円。Amazonで予約受付中です。

ファミコン通信創刊号

ファミコン通信創刊号

  • 作者: 週刊ファミ通編集部
  • 出版社/メーカー: カドカワ / エンターブレイン
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る

筆者も当時は買って読んでました。ただただ懐かしいですね。


■さいごに

いかがでしたか? 筆者はファミコンの話題を見聞きすると、当時を懐かしんでついつい興味を引かれてしまいます。奇しくも、今回取り上げたものは、いずれも今後発売されるものです。発売されてからの模様もウォッチしていきたいと思います。


スポンサーリンク