読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

Amazonプライムビテオ鑑賞メモ~2016年編

雑感・日記

f:id:kay72234:20160904121009j:plain

■はじめに

先月にAmazonプライム会員に入会登録を行いました。筆者自身は2回目の入会になります。


1回目に入会した頃に比べて、特典が信じられないほど充実していることに驚かされました。今は1ヵ月間のお試し期間中ですが、このまま会員を続けようと考えています。そう考える理由の一つが「プライムビテオ」の特典です。これは、対象の映画やテレビ番組を観放題というサービスです。

Amazonで販売されている全ての映画やテレビ番組が対象というわけではありませんので、映画マニアの方にとっては観たい映画が少ない!と感じたりするのかもしれません。しかし、普段ほとんど映画を観ない筆者にとっては、ほぼ全てが初見の作品になります。

そんなわけで、プライムビテオで鑑賞した映画やテレビ番組を備忘メモとして書き残していこうと思います。見終わったものをどんどん追記していくことにします。


■さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

銀河鉄道999を観たら、次はやはり続編を観ないではいられませんでした。30年以上も昔の作品なんてことは感じずに、惹き付けられました。名作はいつの時代でも名作でした。(2016.11)


■銀河鉄道999

銀河鉄道999

銀河鉄道999

初代ガンダムを見終わっても、アニメ熱は下がらず。実は筆者、銀河鉄道999はしっかり観たことは無かったようです。この歳になって初めて、最初から最後まで観ましたが、良かったの一言に尽きました。(2016.11)


■劇場版 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編

劇場版の3部作もついに完結編、何度観ても良いです。やはりテレビ版の十話以上を詰め込んでいますが、それほど慌ただしく感じる暇もなく、引き込まれていきます。スレッガー大尉も渋いです。(2016.10)


■劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

劇場版ファーストガンダムの第2部。第1部に増して、エピソードが満載です。テレビ版の十数話分を映画1本に納めようとすると、どうしても詰め込み気味になるのは仕方がないでしょうか。内容は文句なしに素晴らしいです。(2016.10)


■劇場版 機動戦士ガンダム

ファーストガンダムまで無料で観れるとは恐るべし、Amazonプライムです。逆襲のシャアを観た後なので、アムロも幼く感じます。やはりガンダムはファーストが一番というファンが多いですが、その意見にはあらためて賛成です。(2016.10)


■機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

Zガンダムを観てから、筆者の中ではちょっとしたガンダムブームが訪れたようです。今回観たのは「逆襲のシャア」です。アムロがブライトにタメ口(?)になっていたのが不思議な感じでしたが、みな歳をとったということなのでしょう。何にしてもνガンダムは最高級に格好いいですね。(2016.9)


■機動戦士ΖガンダムIII -星の鼓動は愛-

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]

機動戦士Zガンダム劇場版も、ついに完結編です。あい変わらず早いテンポでストーリーが進行して行きます。それに合わせて、早いテンポで敵も味方も登場人物がどんどん死んでいきます…。そんな中でも、テレビアニメ版とは異なるラストシーンには、最後に救われた気分になって良かったです。(2016.9)


■機動戦士ZガンダムII -恋人たち-

機動戦士Zガンダム? -恋人たち-  [Blu-ray]

機動戦士Zガンダム? -恋人たち-  [Blu-ray]

機動戦士Zガンダム劇場版の第2部です。前回と同様、2時間弱の中にいろいろ詰め込みすぎな感じがしました。テレビアニメ版を観てないとよく分からないのではないかな…第3部に期待。(2016.9)


■機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

機動戦士Zガンダムの劇場版3部作の1作目です。過去にテレビアニメ版は少なくとも2周は観たことがあったので、懐かしかったのですが、劇場版の時間に詰め込もうとすると、展開が早すぎて大変だと思いました。テレビアニメ版を見ていない人はついていけるのでしょうか?(2016.9)


■モテキ(テレビ版)

モテキ

モテキDVD-BOX (5枚組)

モテキDVD-BOX (5枚組)

プライムビデオ初のテレビ番組観賞第1号は「モテキ」でした。映画の存在は何となく知っていましたが、テレビ版があるとは知りませんでした。主人公の藤本はどうしようもない男ですが、登場する女の子はみな可愛くて、全12話一気に見終えてしまいました。どうしようもないけど面白かったです。(2016.9)


■ゴーストバスターズ

最近、リブート作品として最新作が公開されましたので、なんとなく初代版を観てみました。1984年の作品です。実は筆者は登場、父親と映画館で観たことがあるのですが、細かいところは一切記憶に残っていませんでした。おかげで新鮮な感じで楽しめました。(2016.8)


■バック・トゥ・ザ・フューチャー

1985年のアメリカ映画。大人気の映画ですが、どうやら筆者は全編通して観たのは、これが初めてのようでしたが、あっという間の2時間でした。ラスト、現代に戻ったときの家族の変わりようが面白かったです。(2016.8)


■麗しのサブリナ

麗しのサブリナ (字幕版)

麗しのサブリナ (字幕版)

ローマの休日に続いて、またオードリー・ヘプバーン主演の「麗しのサブリナ」を観てみました。分かりやすいストーリーのラブコメディです。ラストはハッピーエンド(?)で良かったです。あいかわらずオードリー・ヘプバーンは細くて綺麗でしたね。(2016.8)


■ローマの休日

ローマの休日 (字幕版)

ローマの休日 (字幕版)

プライムビテオで最初に選んだのが、この映画。まずオードリー・ヘプバーンが非常に綺麗で魅力的だと思いました。1953年製作ということで、それから60年以上も経過しているわけですね。映画の後半、自分の立場をあらためて認識し、凛としたアン王女の振る舞いが素敵でした。最初に吹替え版を観たのですが、字幕版も続けて観てしまいました。(2016.8)


■さいごに

今は物珍しさから、筆者にとってはかなりハイペースで鑑賞していますが、少しペースはダウンするかもしれません。それでも、気が向いたときにすぐに観始めることができるお手軽さは、とんでもない時間泥棒になる予感…。半年・1年後にどれだけ観たかが楽しみです。


スポンサーリンク