読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

【Kindleオーナーライブラリ今月の一冊:2016年8月】夢をかなえるゾウ

読書

f:id:kay72234:20160906223432j:plain

■はじめに

2回目のAmazonプライム会員に入会登録してみて驚くほどに充実していた会員特典。中でも一番は「プライムビテオ」でした。とりあえず、観た映画やテレビ番組は、備忘メモとして残していこうと思って書いたのが、こちらの記事。


筆者にとってプライムビテオに次いで魅力的な特典が「Amazonオーナーライブラリー」です。対象の書籍は微妙なラインアップという巷の評価はありますが、それでも月に一冊は無料でKindle本を購読できるので、活用しない手はありません。

毎月一冊のペースですが、こちらも備忘代わりに記事として残していこうと思います。


■夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

Kindleオーナーライブラリーを使って読んだ最初の書籍が、こちらの「夢をかなえるゾウ」です。Kindleオーナーライブラリー、最近ではKindle Unlimitedで読むことができるおすすめ書籍の紹介記事を目にすることが多いのですが、たいていは対象に上がってくるものです。

分類は自己啓発本になると思いますが、一風変わったスタイルです。
主人公の冴えない平凡なサラリーマンが、インドの神様「ガネーシャ」の指南によって成長していくさまが物語風に進んでいきます。


■良くも悪くも自己啓発本

ガネーシャからは、「靴磨きをする」「トイレ掃除をする」といったように、毎回一つの課題が与えられます。主人公は、いつも「これが何のためになるのか…?」と思いながらも、実際にやってみると、なるほどと納得してみたりで、一歩一歩前進・成長していきます。

…とまあ、読みやすい内容なものですから、わりと短時間で読みきってしまいました。良くも悪くも、読むだけで何となく満足感を得てしまうのが自己啓発本。本書でも主人公がガネーシャに揶揄されていましたが、実際に行動してはじめて意味があるというものです。


■ガネーシャ

ガネーシャで思い出すのは、やはりファミコン版の女神転生…

f:id:kay72234:20160906231215j:plain

クリシュナ、ウォンロン、ガネーシャの3人の仲魔を連れていれば、マグネタイトが減らないという裏技のお世話になった…という話が通じるのは、おそらくファミコン世代のみなさんです。本書に関係のない話でしたね…。(すいません書きたかっただけです)


■さいごに

本書には続編「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」、続々編「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」が出版されていますが、どちらもAmazonオーナーライブラリーの対象ではないようです。そのうち対象になれば…読むかどうかは、その時の気分しだいですかね。


スポンサーリンク