読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

【できそこないガンダム】「太陽系戦隊 ガルダン」編

f:id:kay72234:20161125064415j:plain

■はじめに

ネットを検索していると、知らなかったものをいろいろ目にすることができます。最近お目に掛かったのは、素晴らしき偽物の世界、機動戦士ガンダムのプラモデルの模倣品でした。ガンプラの模倣品としては、2つほど有名(?)なものがあるようで、先日は「機動戦隊ガンガル」というものを取り上げてみました。


本日はもう1つの有名どころのガンプラ模倣品である、「太陽系戦隊ガルダン」なるものの情報を集めてみました。


■「太陽系戦隊ガルダン」とは?

太陽系戦隊 ガルダンは、アリイ(有井製作所、現・マイクロエース)が発売していたSFロボットプラモデルのシリーズです。当時のガンプラブームに便乗して発売された、ガンプラ模倣品ですね。では例によって、本家ガンプラとパッケージを並べて、比べてみることにしましょう。


■最強戦士ドン 対 ガンダム

主人公マシンは「最強戦士ドン」と名付けられています。「ガルダン」はどこに行ってしまったのか…? まあ、それはさておきカラーリングは、確かにガンダムっぽいですね。両手ともドリル状の武器になっているのが特徴です。足は全体的に無駄にムキムキしています。ちょっと気持ち悪いです。そして、顔は最強戦士と呼ぶには、何とも不細工ですね…。

f:id:kay72234:20161126080755j:plain f:id:kay72234:20161126080811j:plain



■超鋼戦士ガン 対 量産型ザク

続いては、量産型ザクがモデルであろう「超鋼戦士ガン」です。やはり特徴は、両手がアーム状と刃物風になっていることでしょう。下半身だけ見ていると、いかにもザクっぽいですが、全身を見ると、残念ながら古臭さ漂う昔風のロボでした。

f:id:kay72234:20161127115514j:plain f:id:kay72234:20161127115526j:plain



■電磁戦士マグ 対 グフ

次の「電磁戦士マグ」は、カラーリングからしてグフがモデルのマシンです。例にもれず両手は武器になっていますね。先ほどのガンと同様、下半身はグフですが、上半身を見るといけません。顔が可愛らしすぎます。コウモリのような羽も貧弱さを醸し出してしまっています。こうして見ると、本家のグフの方がよっぽど電磁戦士っぽい気がしますね。

f:id:kay72234:20161126081707j:plain f:id:kay72234:20161126081721j:plain



■戦略戦士バク 対 シャア専用ザク

最後の「戦略戦士バク」は、赤いカラーリングということで、シャア専用ザクと並べてみます。しかし、どうみてもマジンガーZを模したマシンです。相変わらず両手は武器になっており、この点は徹底していますね。残念ですが「戦略戦士」らしさは伺えません…。

f:id:kay72234:20161126081654j:plain f:id:kay72234:20161126081849j:plain



■クルーの設定

f:id:kay72234:20161127102442j:plain

このガルダンシリーズには、搭乗するクルーが設定されており、ガンプラのようにパッケージ絵にも描かれています。上記の画像の左から紹介してみましょう。

ドンのクルー「ドン・ホフマン」、ガンのクルー「ガン・ラミウ」、マグのクルー「マグ・ジライオン」、バクのクルー「バク・サラバン」となっています。どうやら、搭乗するマシンと同じ名前です。分かりやすいといえば、分かりやすい、とても親切な設定ですね。


■「このキットはイラストと多少異なるところもあります」

プラモデルの説明書はこちらの写真です。少し画像が粗いですが、先日に紹介した「機動戦隊ガンガル」のキットのパーツ数の少なさと比べると、プラモデルとしての質は若干は良さそうですが…。

f:id:kay72234:20161127103643j:plain



さらに、実際に組み立てた完成写真を集めたのがこちらです。

f:id:kay72234:20161127103908j:plain


どういったわけでしょうか、何ともいえない脱力感を感じてなりません。小学生の工作みたいな雰囲気…。ちなみに、いずれのマシンとも、上半身と下半身が分離することができ、上半身に「コスモビーム」や「コスモミサイル」と呼ばれる武器に付け替えることができるようです。

パッケージ絵も、お世辞にも格好良いとは言えませんでしたが、実際のプラモデルはさらに…。「イラストとは多少異なるところもあります」…多少…。


■食品玩具も…

このガルダンシリーズも、新たに製作されたものではなく、過去のロボットブーム時期に製作された商品「合体ロボシリーズ」の金型を流用して再発売されたもだということです。ガンプラと比べるべくもなく、古臭いのは当然ですね。

また、後にニッシン商事という会社から、「ガルダン・ガム」なる食品玩具を発売していたようです。

f:id:kay72234:20161127123758j:plain

ガムのおまけとしてガルダンシリーズのプラモデルが付属しているのですが、先ほど紹介したガルダンシリーズとは同じ名前ながら、全く異なるデザインのキットだったようです。何ともいい加減ですね…。


■さいごに

2回に分けて紹介した、ガンプラ模倣品の有名どころシリーズですが、いかがだったでしょうか? 子供騙しにもなっていない気がしますが、今は案外プレミアが付いて、馬鹿みたいな高値になっていたりするのかも…。機会があれば調べてみましょう。


スポンサーリンク