読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

「ファミコン通信」と「ファミマガ」が復活~これは欲しいかも…

ゲーム
f:id:kay72234:20161105173059j:plain f:id:kay72234:20161105173121j:plain

■はじめに

先日にこのブログでも記事に書きましたが、懐かしのファミコンが「ニンテンドークラシックミニファミコン」として発売されます。


ファミコン世代の人(筆者もその一人ですが)にとっては、買うかどうかはさておき、心引かれるニュースだったのではないでしょうか。発売日は11月10日なので、あと1週間ほどになりましたが、先日さらに心引かれる情報を発見しました。


■「ファミコン通信」が復活!

時代を遡ること30年、ファミコンの全盛期には、各出版社から数多くのゲーム雑誌が刊行され、そして廃刊となっていきました。その中でも「週刊ファミ通」と名前を変えて、唯一現在まで生き残っているのが「ファミコン通信」です。このファミコン通信、実は創刊号の復刻版がすでに発売されていました。

ファミコン通信創刊号

ファミコン通信創刊号

  • 作者: 週刊ファミ通編集部
  • 出版社/メーカー: カドカワ / エンターブレイン
  • 発売日: 2016/10/17
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る



この創刊号とは別に、クラシックミニファミコンの発売に合わせて新たに編纂した記念号が発売されるというのです。

ファミコン通信

ファミコン通信 (エンターブレインムック)

ファミコン通信 (エンターブレインムック)

発売日はなんと、クラシックミニファミコンと同じ、11月10日の予定です。Amazonでは予約受付が始まっていますので、商品の紹介文を引用してみます。

あの“ファミコン通信”が限定復活!

任天堂から2016年11月10日に発売される“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”に合わせて、週刊ファミ通の前身である“ファミコン通信”が限定復活! ミニファミコンに収録される30タイトルの紹介やレビューのほか、当時のファミ通ならではのノリを再現!

【おもな記事】収録30タイトル大紹介/収録30タイトルクロスレビュー/スペシャル対談! 高橋名人×毛利名人/禁断の秘技スペシャル/実物大! これがミニファミコンだ!/妄想企画 ミニファミコン専用カートリッジ(実物のカートリッジを縮小して掲載し、切り取って厚紙等に貼ればミニファミコンに挿した風で遊べるペーパークラフトにもなる特別企画)ほか
【付録】パッケージイラストシール


価格は999円と、ゲーム雑誌として考えると少々お高いものの、すでにアラフォーであろうファミコン世代にとっては、何ということのない値段かもしれませんね。


■そして「ファミマガ」も復活!

当時、ファミコン通信と並んで人気のあったファミコン雑誌といえば「ファミリーコンピュータMagazine」、通称「ファミマガ」です。裏技の紹介に紛れ込ませた「ウソ技」の企画が懐かしいですが、このファミマガも、なんとクラシックミニファミコンの発売記念号が刊行されるということです。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine

こちらの発売日は11月14日となっており、少やはりAmazonで予約受付が行われています。以下、紹介文の引用です。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの発売を記念して、あの『ファミリーコンピュータMagazine』、通称『ファミマガ』が、1号限りの大復活! 当時の雰囲気そのままの誌面で「クラシックミニ」の収録ソフトを紹介します。

付録はDVD-ROM。「クラッシックミニ」に収録されている30本のゲームの、当時の『ファミマガ』記事をスキャニング。それをPDFでまとめて復刻しました。収録ページ数はなんと1000ページ超え! 紹介記事だけでなく攻略記事、そしてウル技も、付録も収録しています。
さらにオマケとして『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』も入ってます!

本誌のほうでは、ゲーム紹介だけでなく、人気のあのコーナーも復活! 「超ウルトラ技50+1」「ディスくんのマンガトピックス」も掲載されています。
しかも制作スタッフまで当時のメンバーが直接参加! 金田一技彦がウル技をまとめたりと、まさに大復活の1冊なのです!

付録のDVDの分、お値段は少し高めの1,980円ですが、大人になったファミコン世代にとっては、これまたノープロブレムなのでしょう、きっと。


■さいごに

筆者は最初はファミマガ派でしたが、しだいにファミコン通信にシフトしていきましたが…。とにかく懐かしいものです。そんなわけで、クラシックミニファミコンを購入しようとは考えてはいなかった筆者ですが、ファミコン通信とファミマガは、非常に魅力的…。週末にはAmazonで予約しているかもしれません。


2016.11.6 追記
結局、ファミコン通信はつい先ほどAmazonで注文しました。発売日(10日)に到着予定、楽しみです…。


スポンサーリンク