読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

FireタブレットでGooglePlayストアが使えた!最強への一歩!?

f:id:kay72234:20160829230956j:plain

■はじめに

ここ最近、AmazonのFireタブレットが気になっていたのですが、先日ついに購入しました。


性能・機能面だけを捉えると、Androidタブレットやipadには遠く及びませんが、Kindle本を読む、映画などの動画を観る、音楽を聴く、ぐらいに用途を絞って利用するなら、最強のコストパフォーマンスのタブレットではないかと考えています。


■残念な点の一つはアプリストア

そんなFireタブレットですが、残念と思える点の一つが、アプリを入手する際にGooglePlayストアを使うことができないことです。

Fireタブレットは独自OSを搭載しているとはいえ、Androidをベースにしているので、Android用に開発されたアプリは基本的に動作します。しかし、Fireタブレットでは、これまた独自の「Amazonアプリストア」経由でしかアプリの入手ができないのです。

GooglePlayストアに比べるとアプリの品揃えが少ないため、Androidタブレットに比べると、アプリがないがためにできることが限定されてしまう要因になっています。


■ネット上に福音を求めて

こんな場合はとりあえず、ネット上に福音を求めてGoogleで検索してみましょう。そうすると出てきますね、FireタブレットにGooglePlayストアをインストールする方法が…。

root化…いわゆる安全装置を解除していろいろな制限を取っ払う一方、制限があるがゆえに守られていた安全な状態も手離してしまう…のような危ない橋を渡る気は(まだ)ありません。まだ購入してから2週間ほどしか使ってないですからね…。

調べていると、rootせずともGooglePlayストアをインストールする方法はいくつかあるようです。


■最もお手軽な方法は?

筆者が行き着いた最も簡単そうな方法…というよりむしろ、「Fireタブレット GooglePlay」で検索すると第1位に出てくるのがこちらです。

ここで紹介されている方法なら、Fireタブレットだけで簡単にできてしまいました。所要時間は5分程度だったでしょうか。全く悩んだり迷ったりすることなく終わりました。



f:id:kay72234:20160829231016j:plain

ホーム画面にも、無事にAndroid端末で見馴れたGooglePlayストアのアイコンが登場しました(丸囲みのアイコンです。分かりますよね?)。もちろん、正常に起動しますし、アプリのダウンロードも問題なく行うことができました。とはいえ、お試しの際は自己責任ということで…。


■さいごに

結局のところ、思いのほか簡単にGooglePlayストアを使うことができる状態になりました。これで、Fireタブレットの弱点の一つであった、アプリ面の制約が解消されたことになりました。これは、まさにFireタブレット最強化への第一歩と言えるでしょう…。

実GooglePlayストア経由で入手したアプリでなければできない試みがあったのですが、それが実現できてしまいました…! この話は、また別の記事で紹介したいと思いますので、よろしくお願いします。


スポンサーリンク