読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

今週のお題にのせて:わたしの一足はいつも踵から…

健康・食事

今週のお題「わたしの一足」
f:id:kay72234:20160522172742j:plain

■はじめに

はてなブログの「今週のお題」のコーナー、今週のテーマは「わたしの一足」です。

上の写真がわたしの一足、というのは間違いではありませんが、今普段履きしているスニーカーであって、残念ながら何か思い入れがあったり、取り立てて紹介できる点があるものではありません。意外と良い写真が撮れたとは思いますが…。


■いつも踵から…?

さて、タイトルに書いた「わたしの一足は、いつも踵から…」に続く言葉ですが、それは「すり減る」です。靴の裏側の様子はこちらです。

f:id:kay72234:20160524233650j:plain


少し分かりにくいですね。アップで撮った写真もありまして、それがこちらです。

f:id:kay72234:20160524233755j:plain


なるほど、あらためて写真を見ると、この靴もずいぶんすり減ってきましたね…。筆者の場合、見た感じはそれほどくたびれていなくても、踵が激しく傷んでしまうパターンが多いです。


■歩き方の癖が直らない

このように踵がすり減るというのは、明らかに歩き方に問題があるからです。それは自分でも分かっているのですが…。

無くて七癖、あって四十八癖と言いますが、踵をすって歩くのが癖になっているのですね。子供のころには両親から、大人になっても嫁さんから、直しなさいと言われてきたのですが、これが案外(?)直らないのですね…。


■分かってはいるけど…

歩き方が悪いと、何も良いことはないのです。分かってはいるのです。少し調べただけでも…本当に、良いことはありませんね。

・「ガニ股」の傾向がある
・腹筋と背筋が衰えている
・猫背になりがち
・血行不良の原因になる
・腰痛の原因になる

1日1万歩は歩く筆者です。歩き方が悪いと、靴の寿命も短くなってしまいます。


■さいごに

お題の「わたしの一足」からは、少し離れた内容になってしまいました。しかし、せっかくこのような記事を書いたことなので、今日からさっそく、歩き方には注意してみたいと思います。


スポンサーリンク