読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

うまい棒によっちゃんイカ、駄菓子の値段って今はどうなってるの?

健康・食事

f:id:kay72234:20160509135900j:plain

■はじめに

筆者が小学生の頃は、学校の近所や公園の近所には、たいてい駄菓子屋がありました。しかし、最近ではショッピングモールに駄菓子屋「風」の店舗が入っているのを見ることができるぐらいで、すっかり駄菓子屋を見かけなくなりましたね。

そんな中でも、昔に食べていた駄菓子そのものは、今も製造・販売が続けられています。あの当時から30年もたった今では、Amazonで購入することができてしまうのですね。そんなわけで、今回は懐かしい駄菓子たちの値段をAmazonで調べてみました。


■うまい棒

f:id:kay72234:20160509192237j:plain

スナック系の駄菓子の代表といえば、まずは「うまい棒」でしょう。「プレミアム」という20円の商品が発売されましたが、元祖のうまい棒は10円のままのはずです。

30本×10種類 アマゾンうまい棒スペシャルセット

30本×10種類 アマゾンうまい棒スペシャルセット

30本入り10種類、つまり300本のセットが2,680円で販売されていました。1本あたりは、なんと約9円という割安価格で購入できてしまうのでした。


【おまけ】
うまい棒が10円という値段を維持するにあたり、時とともに内容量(すなわち長さですね)を調整してきたのは有名な話のようです。次のような記事もありましたので、興味のある方はどうぞ。




■キャベツ太郎

f:id:kay72234:20160509192334j:plain

スナック系では「キャベツ太郎」もよく食べました。けっこう濃い目の味付けでしたが、美味しいですよね。さて、当時の値段は20円だったはず…。

菓道 キャベツ太郎 14g×30袋

菓道 キャベツ太郎 14g×30袋

30袋入りで583円なので、1袋あたり19.5円です。これも当時価格より安く買えてしまいますね。


【おまけ】
キャベツ太郎の謎に果敢に迫った記事です。これを読めば、長年のもやもやもスッキリ?




■どんどん焼き

f:id:kay72234:20160509194213j:plain

「どんどん焼き」も20円で買えるスナック系の駄菓子でした。昔は紙の袋でしたが、いつの間にかアルミ製の袋になっているようですね。

どんどん焼き 15個入り

どんどん焼き 15個入り

Amazonでは、30袋セットが259円で販売されていました。なんと1袋あたりは17.3円、これまた安くで買えるものです。


■よっちゃんイカ

f:id:kay72234:20160509213921j:plain

珍味系の駄菓子では「よっちゃんイカ」は定番商品でしょう。記憶が定かではないのですが、当時は30円だったでしょうか。

よっちゃん カットよっちゃん 10g×20袋

よっちゃん カットよっちゃん 10g×20袋

20袋入りが562円なので、1袋は28.1円です。酒のあてとして考えても、経済的ですね。


【おまけ】
よっちゃんイカには、当たりくじが付いていますが、それを見分ける方法があるようです。今はネットの時代なので、このような情報も簡単に拡散してしまいますね。




■蒲焼きさん太郎

f:id:kay72234:20160509231530j:plain

珍味系では、この「蒲焼きさん太郎」もよく食べました。やはり10円という価格設定が強みだったのでしょう。

菓道 蒲焼さん太郎 1枚×60袋

菓道 蒲焼さん太郎 1枚×60袋

60枚入りのセットが749円、1枚あたりは12.5円になります。さすがに当時の10円を維持するのは難しいようですね。


【おまけ】
蒲焼きさん太郎でうな丼を作ってみようという記事です。ちょっと気になりませんか? 実際にやってみようと思うかどうかは別問題ですが…。




■チョコバット

f:id:kay72234:20160509231544j:plain

チョコレート系の駄菓子もたくさんありましたが、その一つ「チョコバット」です。くじ付きで、ホームランが出たら1本、ヒットは4枚集めてようやく1本貰えます。筆者は全く当たった記憶がありません。

三立製菓 チョコバット 1本×60本

三立製菓 チョコバット 1本×60本

60本入りで1,780円、1本あたりは29.7円と、当時の値段と変わらない水準で購入することができます。


【おまけ】
なかなか当たらない気がしたチョコバットのくじ、それを検証した記事です。これを見ると、当たらなかったのも納得?




■セコイヤチョコレート

f:id:kay72234:20160509231556j:plain

チョコレート菓子の中では、何となく高級なイメージがあった「セコイヤチョコレート」です。筆者だけのイメージでしょうか?

30本入りで810円、1本あたりは27円です。心行くまでセコイヤチョコレートを食べることができますね。筆者も大人になりました。


【おまけ】
人気のチョコレート菓子どおし、セコイヤチョコレートVSブラックサンダーの記事です。セコイヤチョコレートの詳しい解説もありますので、興味のある方はご一読を。




■ココアシガレット

f:id:kay72234:20160509231609j:plain

タバコへの憧れ(?)を満たしてくれた「ココアシガレット」。当時は30円だったでしょうか。よく食べたのに、値段についてはあまり自信がありません…。

オリオン 6本 ココアシガレット 30入

オリオン 6本 ココアシガレット 30入

30個入りが880円なので、1個は29.4円ですね。当時から30円だったとすると、その価格を維持していますね。


【おまけ】
さいごにこんな記憶もどうぞ。




■さいごに

まだまだあるのですが、きりがないので、このあたりで留めておきましょう。しかし、当時の値段を維持している駄菓子が多いということが分かりました。一つ一つ調べて書くのも、なかなか手間が掛かることも分かりましたが…。

Amazonでなくとも、スーパーやコンビニで買える駄菓子もありますが、やはり駄菓子屋で、なけなしの小遣いの範囲で何を買おうかと悩んでいた頃が懐かしいですね。少しノスタルジーを感じながら書いた記事でした。


スポンサーリンク