読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

初代ナムコスターズの出展ゲーム動画を集めてみた(スタメン編)

f:id:kay72234:20160430114947j:plain

■はじめに

筆者にとって、ベスト・オブ・野球ゲームといえばファミスタです。ご存じですよね? 初代ファミスタが発売されたのは、1986年12月です。今年で30周年になるのですね。

そしてファミスタといえば、ナムコスターズ。ナムコのゲームに登場するキャラクターたちで構成された架空の球団ですね。今回は、初代ファミスタに登場する初代ナムコスターズ各選手の出展元となるゲームの動画を集めてみました。


■1番 センター まつぴ

左 打ち 打率.270 本塁打3本 走力16

「マッピー」の主人公のマッピーです。打力には期待せず、足を活かしましょう。




アーケード版の動画です。BGMが最高に良いですよね。このゲーム、筆者は好きなのですが、全く上達しませんでした。


■2番 レフト ばろん

左打ち 打率.280 本塁打4本 走力12

「スカイキッド」の主人公のバロンがモデルです。正式には「レッドバロン」であり、相方は「ブルーマックス」です。チームでは、まつぴとのコンビで、何とか得点のチャンスを作りたいところです。




アーケード版の動画です。筆者はファミコン版しかプレイしたことがないのですが、とにかく難しい印象が強いです。左向きにスクロールするゲームは珍しいですね。


■3番 ファースト ふあいか

右打ち 打率.310 本塁打10本 走力11

「ディグダグ」が出展です。その主人公…ではなく、敵キャラのファイガがモデルです。打率はチームでNo.1、走力もそこそこあります。筆者的には左打者だったらベストだったのですが…。




アーケード版のディグダグのプレイ動画です。上手です。筆者は、岩石を使って敵を倒すのがどうしても苦手でした。


■4番 サード ぱつく

右打ち 打率.300 本塁打20 本 走力3

もちろんモデルは「パックマン」ですね。ナムコスターズの不動の4番打者、初代ではチーム唯一の20本塁打以上の選手でした。




アーケード版パックマンの動画です。ドットイートタイプの代表的なゲームでした。筆者はこの手のゲームは苦手なので、上手い人のプレイを見るのは楽しいものです。


■5番 キャッチャー にやむこ

右打ち 打率.290 本塁打13 本 走力2

またしても「マッピー」から、今度は敵キャラのニャームコがモデルです。鈍足・強打(?)のキャッチャーという設定ですね。




今度はファミコン版のマッピーランドの動画です。筆者は実際にプレイしたことはありませんでしたが…。


■6番 ショート ぎる

右打ち 打率.275 本塁打4 本 走力8

「ドルアーガの塔」の主人公、ギルですね。選手としては、残念ながらこれといった特徴がありません…。「ぴの」を出すならここでしょうか?




アーケード版の動画ですね。ファミコン版も当時は持っていましたが、攻略本を見ながらでもクリアはできませんでした。ゲーム開始の際のBGMは大好きです。


■7番 セカンド いんで

左打ち 打率.270 本塁打3 本 走力13

ファミコン用パズルゲーム「バベルの塔」の主人公、インディが出展です。ちょっとマイナーなところを突いてきましたかね? 走力がそこそこの左打者です。




当時はソフトを持っていたので、愛着があります。良くできたファミコンパズルゲームの名作だと思いますが、難しかったですね。


■8番 ライト らりいX

右打ち 打率.240 本塁打2 本 走力16

ライパチくんは「ラリーX」から。打力はないですが、足力はそこそこ。右打者なのが残念でした。




アーケード版のプレイ動画ですが、昔懐かしのゲームセンターのゲームという感じが溢れ出ていますね! 本当に懐かしいです。


■さいごに

当然といえば当然ですが、懐かしいゲームばかりでしたね。あらためて、ナムコのゲームは名作揃いだなと感じました。

今回はスタメン選手編ということで、代打選手と投手編は、次回にしたいと思います。


スポンサーリンク