読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

ビジネスマネジャー検定 第2回の受験者データ:合格率・難易度は?

資格

f:id:kay72234:20160204105957j:plain

■はじめに

昨年(平成27年)の7月に「ビジネスマネジャー検定」の第1回の試験が実施されました。筆者はこの第1回試験を受験しました。万全の準備をして試験に臨むことができたというわけではありませんでしたが、なんとか無事に合格することができました。


そして第2回の試験は、昨年の12月に実施されました。先月の末には、主催団体である東京商工会議所の公式サイトで第2回試験の公式解答とともに、受験者数や合格者数などの受験者データが公開されていましたので、その内容を見てみました。


■受験者データは…?

東京商工会議所のサイトの受験者データのページはこちらになります。
http://www.kentei.org/sp/bijimane/data.html
受験者データを抜粋して次の表に、第1回試験と第2回試験を比較してみました。

実施回 第1回 第2回
試験日 7月19日(日) 12月20日(日)
受験者(人) 7,493 7,388
実受験者(人) 7,106 6,763
合格者(人) 5,158 2,694
合格率(%) 72.6 39.8


受験者の数はやや減少しています。それよりも何よりも、ポイントは合格者数ならびに合格率が大幅に減少・低下している点でしょう。筆者は第2回の試験問題を見てはいないのですが、この数字を見ると、かなり難化したということでしょうか…。
この合格率の数字だけを見ると、第1回試験を受験したのは正解だった気がしてきます。ただ、なにぶんスタートしたばかりの検定試験ですので、次の試験はまたどうなるかというところです。しばらくは実施回ごとに難易度と合格率はアップダウンを繰り返すかもしれないですね。


■今後の受験に向けては?

公式サイトでは、平成28年度の試験日程も公開されていました。第3回は7月、第4回は11月の実施と、年2回の実施にしては少し変則的な日程となっていますね。次回以降の受験に向けて使用すべき教材については、現時点では東京商工会議所の公式テキスト以外に、まだ良いものはなさそうです。試験対策としても、やはり公式テキストをしっかり読むということになるのでしょうね。ただ、公式テキストは独学で読み進めるには少々退屈な内容なので、7月の試験までに良いテキストが発売されれば良いのですが…。

問題集も、資格スクールのLEC東京リーガルマインドが発売しているものだけのようです。こちらも、公式問題集などが発売されるまで、もう少し待たないといけないかもしれませんね。


■さいごに

ビジネスマン向けの同種の検定は、このビジネスマネジャー検定以外にはほとんどないと思います。「マネジメント」という概念自体が広範にわたり、特定のスキルに特化した内容になりにくいので、実効的な検定試験にするのが難しいのかもしれませんね。

過去の記事でも同じようなことを書いているのですが、この検定で求められる知識は、今まさに管理職の方というよりは、これから管理職の立場になっていく方が知っておくと有用な内容だと思います。今後はさらに受験者が増えて、検定としても良い方向に発展していけば良いなと考えています。


2016.8.21 追記
第3回試験の受験者データの発表を踏まえて、こちらの記事も掲載しました。気になる合格率はどうなったでしょうか?


スポンサーリンク