読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

娘のクリスマスプレゼントに悩む時期がやってきました。猫が欲しい?

f:id:kay72234:20151218073146j:plain


毎年この時期になるといつも、娘のクリスマスプレゼントのことについて悩みます。娘が欲しいものをプレゼントすれば話は早いのですが、親の思惑や家計の都合もあり、欲しいから何でもOKというわけにもいきません。

さて、私が毎日仕事を終えて家に着くと、たいていは22時を過ぎています。娘はもちろん、嫁さんも先に休んでいることが多いのです。
昨晩も仕事を終えて家に帰ると22時半を過ぎた頃だったので、娘も嫁さんももう先に寝ていましたが、食卓には晩ごはんの準備とともに、こんな手紙が置かれていました。

f:id:kay72234:20151218065503j:plain


★★★

どうやらこれは、サンタさんへのお手紙ですね。雪だるまもサンタさんも、かわいく描けています。健気なメッセージとともに、サンタさんに想いが届くと良いですね…。
しかし、娘は小学校5年生になりますので、もうサンタさんが実在しないことは分かっている年頃。すなわちこれは、パパである私へのメッセージということです。
手紙には「去年と同じことだけど今年は本当に本気です」と書いていますが、そういえば昨年のこの時期にも猫が欲しいと言っていました。去年は結局、ニンテンドー3DSのソフトに落ち着いたのですが、今年は「本当に本気」なのですね…。たしかに、ここ何ヵ月で娘の「猫が欲しい」熱はすこぶる高くなっているようなのです。


★★★

とはいえ「猫」は、まさに「欲しいからといってもすんなりOKとはいかないもの」の代表例です。生き物を飼うというのは、いろいろ大変です。猫は犬と違って散歩に連れていく必要はないですが、それでも日々の世話はありますものね。
保健所では、やむなく手放さないといけなくなった犬や猫の引き取り手を募集していたりするようです。なんてことを、嫁さんが真剣に調べて、私にインプットしてくれます。もう飼っても良いかなと思っているようです。兄弟姉妹のいない一人娘ですから、動物を飼うのも娘にとっては良いのかなと、私も考えたりしますが…。


★★★

さあクリスマスまではあとわずかです。この週末には、どうするのか決断しないといけません。さて、どうなるでしょうね…?

ちなみにパパのプレゼントには、2週間ほどお休みが欲しいです。上司というサンタさんの机にお手紙を置いておけば良いですかね?


スポンサーリンク