読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

ファミコンソフト売上ランキング

ゲーム

最終更新:2016.11.07

f:id:kay72234:20150818111309j:plain

■はじめに

唐突ではありますが、今回はファミコンソフトの売上ランキングをまとめてみました。実は筆者は6年ほど前にファミコンソフトのレビューブログ『ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋』を開設して、コツコツとファミコンソフトのレビューを書き貯めていました。そして、その中の記事の一つとしてファミコンソフトの売上ランキングを掲載していました。しかし、ブログの更新がすっかり止まってしまい、その記事も陽の目を見ることが無くなってしまいましたので、カセット編・ディスクシステム編のファミコンソフト売上ランキングと、メーカー別の発売本数の3点の記事を一まとめにしてこちらに転載しました。


■ファミコンソフト売上ランキング(カセット編)

まず最初に、カセットで発売されたファミコンソフトの売上本数ランキングです。売上本数が100万本以上のソフトを掲載しています。

順位 本数 発売年 タイトル
1位 681万本 1985年発売 スーパーマリオブラザーズ
2位 384万本 1988年発売 スーパーマリオブラザーズ3
3位 380万本 1988年発売 ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…
4位 310万本 1990年発売 ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち
5位 246万本 1984年発売 ゴルフ
6位 240万本 1987年発売 ドラゴンクエストII 悪霊の神々
7位 235万本 1983年発売 ベースボール
8位 213万本 1983年発売 麻雀
9位 205万本 1986年発売 プロ野球ファミリースタジアム
10位 181万本 1988年発売 テトリス
11位 163万本 1983年発売 マリオブラザーズ
12位 161万本 1988年発売 プロ野球 ファミリースタジアム’88
13位 157万本 1984年発売 エキサイトバイク
14位 156万本 1984年発売 テニス
15位 153万本 1990年発売 ドクターマリオ
16位 153万本 1985年発売 サッカー
17位 152万本 1984年発売 F1レース
18位 150万本 1986年発売 ドラゴンクエスト
19位 150万本 1986年発売 忍者ハットリくん
20位 145万本 1984年発売 4人打ち麻雀
21位 142万本 1985年発売 スパルタンX
22位 140万本 1990年発売 ファイナルファンタジーIII
23位 130万本 1987年発売 プロ野球 ファミリースタジアム’87
24位 127万本 1984年発売 ゼビウス
25位 125万本 1986年発売 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
26位 123万本 1986年発売 ドラゴンボール 神龍の謎
27位 115万本 1986年発売 ドラえもん
28位 110万本 1989年発売 ファミコンジャンプ 英雄列伝
29位 110万本 1984年発売 ロードランナー
30位 105万本 1986年発売 高橋名人の冒険島


こうして見ると、スーパーマリオブラザーズやドラゴンクエストシリーズが上位にいるのは当然の気がしますが、ゴルフや麻雀など、お父さん向けのソフトが予想外に健闘しているのが分かります。ベースボールやテニス、サッカーといった任天堂の初期のスポーツゲームも上位にランクインしていますね。このあたりも意外でした。


■ファミコンソフト売上ランキング(ディスクシステム編)

続いては、ディスクシステム用ソフトの売上ランキングです。カセットと同じく、100万本以上の売上を記録したソフトのランキングです。

順位 本数 発売年 タイトル
1位 265万本 1986年発売 スーパーマリオブラザーズ2
2位 198万本 1986年発売 バレーボール
3位 169万本 1986年発売 ゼルダの伝説
4位 161万本 1987年発売 リンクの冒険
5位 142万本 1986年発売 プロレス
6位 109万本 1986年発売 光神話 パルテナの鏡
7位 104万本 1986年発売 メトロイド


売上100万本以上のもののデータしか入手できなかったので、ランキングとしては少し寂しいのですが、さすがというべきでしょうか、ディスクシステムは任天堂の独壇場でした。ここでも、スポーツゲームは強かったですね。書き換え件数のランキングなんかも見てみたかったのですが、残念ながらデータが見当たらず、断念しました。


■メーカー別発売本数ランキング

最後に、メーカー別のソフト発売本数のランキングです。順位はカセットとディスクシステム用ソフトの合計、括弧内の数字はディスクシステム用ソフトの本数です。

順位 本数 メーカー
1位 89本(41本) 任天堂
2位 88本(6本) ナムコ
3位 82本(23本) コナミ
4位 70本(13本) バンダイ
5位 57本(10本) ジャレコ
6位 56本(7本) タイトー
7位 42本(10本) サンソフト
8位 40本(3本) カプコン
9位 37本(1本) ハドソン
10位 36本(9本) ポニーキャニオン
11位 35本(6本) アイレム
12位 29本(7本) データイースト
13位 24本(3本) アスキー
14位 22本(2本) ケムコ
14位 22本(11本) スクウェア
16位 20本(1本) テクモ
17位 19本(0本) ヘクト
18位 18本(0本) ココナッツジャパンエンターテイメント
18位 18本(4本) HAL研究所
20位 16本(0本) テクノスジャパン
20位 16本(1本) トンキンハウス
22位 15本(1本) 東映動画
22位 15本(6本) 徳間書店
24位 14本(0本) 光栄
24位 14本(3本) パック・イン・ビデオ
26位 13本(0本) ビクターエンタテインメント
27位 12本(0本) 日本物産
28位 11本(0本) ケイ・アミューズメントリース
28位 11本(0本) ホット・ビィ
28位 11本(1本) タカラ
31位 10本(0本) アスミック
31位 10本(0本) ビック東海


こうして見ると、ナムコとコナミが任天堂に肉薄しています。なお、ランキングは31位までしか載せていませんが、1本か2本しか発売していないメーカーも含めてると、もの凄い数のメーカーが参入しているはずです。その中には、現在は存在していないメーカーも数多くあることでしょう。諸行無常ですね…。


■さいごに

意外なソフトがランクインしていたり、予想外のメーカーがたくさんのソフトを発売していたりと、あらためて見ると面白いものです。ランクインしているソフトを見ると、筆者も自分が持っていなくても、友人に借りたり友人の家でやったりと、ほとんどがプレイしたものばかりでした。まあ、そんなわけで、いろいろ思い出しながらご覧いただけたら幸いです。


2016.11.7追記
あと数日後の2016年11月10日には「ニンテンドークラシックミニファミコン」が発売されます。筆者は今のところ購入する予定はありませんが、なんだかワクワクしてしまいますね。


スポンサーリンク