読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題で行こう

気の向くままに書きたいことを書いていきます。とりあえず無題でいきましょう。毎日いろいろありますよね♪

MENU

ガラケーとスマホの2台持ちへの道(後編)

f:id:kay72234:20150806221913j:plain

■はじめに

ドコモの通話・通信料金の高さに疑問を感じて、先日ガラケーとスマホの2台持ちへの移行を完了しました。前回の記事では、Xi契約からFOMA契約への変更を完了するところまで紹介しましたので、今回はその続きになります。

(前編はこちら)

■オンラインショップで機種変更する

ドコモショップでの手続きを終えて自宅に帰ると、次にオンラインショップで機種変更の手続きを行います。オンラインショップなら、頭金5,000円と登録手数料2,000円が掛からないので、ドコモショップの店頭で手続きするよりも間違いなくお得なのです。

お目当ての機種はシャープのSH-07Fです。税込で29,160円ですが、ドコモポイントが3,600円分溜まっていたので、それを使うと25,560円になりました。

なお、FOMAからFOMAへの機種変更の場合には月々サポートが適用されます。-837円(税込)/月×24回で-20,088円(税込)を差し引いた実質負担額は5,472円(税込)になります。

■FOMAの料金プランはお好みで

また、FOMAのベーシックプランからバリュープランへの変更も、このタイミングで行うことができるのです。FOMAの料金プランには、無料通信の分量に応じて選択できるプランが複数あります。今回は少しだけ無料通話の付く「タイプSSバリュー」にします。それに「ファミ割MAX50」が適用されて、基本使用料は934円になりました。新しいガラケーの到着は2日後になります。

■IIJmioの開通手続きを行います

さらに引き続き、IIJmioの開通手続きを行います。Webサイトのガイダンスに沿って進めていけば簡単に終了しました。SMS機能付き・高速データ通信容量が月3GBのプランで、月額が税込み1,124円です。
開通手続きが終わったら、既に手元にあるsimカードをxperiaに装着し、APN(アクセスポイント)の設定を行うと無事に通信可能になりました!

PCを使ってメールのテスト送受信を行ってみましたが、それもOKです。
ドコモのUIMカードはxperiaの前に使っていたgalaxyに装着して、しばし通話専用としてオンラインショップで注文したガラケー(SH-07F)が届くまでの間使います。

■ガラケーが到着しました

2日後に会社から帰ると、予定通りオンラインショップで手続きしたガラケー(SH-07F)が届いていました。
それでは最後に、オンラインショップで開通手続きを行います。Webサイト上での手続きを終えたら、ガラケーSH-07FにUIMカードを装着します。
家の固定電話からテストでガラケー宛に掛けた電話も無事に着信できました。

ちなみに、SH-07Fには「親子モード」という設定があります。これはWebブラウザなどの使用をロックする機能です。本来は子供にガラケーを持たせる際に、使用できる機能を制限するのが目的ですが、さっそく設定しました。これで余計なパケット通信が発生する心配はありません。

最後にxperiaからSDカード経由で電話帳データをSH-07Fに持ってきて、一通りの作業が完了しました。

■さいごに

かなり長い道のりでしたが、事前にいろんなサイトを見て研究した甲斐があり、詰まることなくスムーズに事が運びました。
1週間ほど経過しましたが、ガラケーはサイズも小さいので、ポケットに入れていても気になりません。
xperiaの分割支払い(月々3,031円)が後4ヵ月残っているものの、月々サポート(月々2,520円)が消滅してしまうのはだけはやむ無しでしょうか。

元々は月々8,000円程度掛かっていましたが、今年の11月まではxperiaの分割払い込みでも約6,000円になります。そして12月以降は、SH-07Fの分割払い+月々サポートの差引き込みで月々約2,700円まで下がります。目標は3,000円以内に収めようと考えていましたので完璧です。

長くなってしまい、また分かりにくい箇所も多々あるかと思いますが、ガラケーとスマホの2台持ちに興味のある方、検討中の方は参考にご覧いただけましたら幸いです。


スポンサーリンク